中古ダンプは海外でとても人気です|需要があるということ

メンズ

中古のダンプカーの人気

黒いダンプカー

国内での人気

ダンプカーには、荷台を傾ける油圧ダンパーが搭載され、土砂等を搬送するのに土木作業現場や建設現場で使われます。ダンプカーは軽自動車から2トン車、4トン車、8トン、10トン超と各サイズがあり、各々同じ構造を持ちます。ダンプカーは非常に高額で、元々、トラック製造会社がキャビンとシャーシをベースとして作っており、荷台部分を架装専門の会社で作ります。そのため新車価格が非常に高く、大型のダンプであれば700万円から1000万円を超える車両もざらにあります。そのため中古ダンプも国内での人気が高く、程度の良い中古ダンプカーは、高額で取引されています。日本人はブランドにこだわるところがあり、国内大手メーカーに人気が集中しています。

海外での人気

日本のトラックの製造技術は世界1と言われており、インフラ整備がどんどんと進む新興国では、有名な日本メーカーが作った中古ダンプの人気が高いです。日本では、初年度から10年を経過した大型車両の利用制限がされていますので、時系列での買い替えを余儀なくされ、その車両が海外流出することがあります。日本では10年前の車に対する考え方が、古いという捉え方をしますが、海外の新興国市場からすれば、まだまだ利用可能と考え、海外市場に送られた中古ダンプはそこから10年以上も利用されることが多いです。また、仮に不調がある車でも部品取りとしての価値が高いため、解体して修理時に部品調達が可能です。東南アジア、南米などではとくに日本の中古ダンプの需要が高いようです。

どこでも電気が使えます

作業員

発電機を買取してもらうために、日々メンテナンスが大切です。もちろんそれは買取してもらうことだけが目的ではなく、通常に使用する場合や非常時のことも考えての結論です。日常的にメンテナンスをすれば故障も減り長持ちします。メンテナンスを行えばさまざまなメリットがあるので必ず行いましょう。

詳細へ

安くて高性能なダンプ選び

おもちゃのトラック

中古ダンプは、自分が利用する手段によって用途が大分変わってきます。どんな目的で利用するかによって、大きさや性能なども違ってくるためです。一番大事なのはタイヤのチェックです。内側が減っているタイヤは要注意です。

詳細へ

見直したいダンプのこと

重機

中古ダンプを増台したり、手放そうとすることがある。業務用の車両であり、とても専門性があるだけに、専門の業者に任せるようにしたい。メンテナンスにまで行き届くとともに、流通経路の確保されている業者が理想的といえる。

もっと見る